コンサートスタッフ・イベントスタッフはウップスプランニング へ

夏のスポーツイベントスタッフで注意したいポイントとインフルエンザを予防するポイント

  • HOME »
  • »
  • 夏のスポーツイベントスタッフで注意したいポイントとインフルエンザを予防するポイント

夏の屋外活動は、熱中症のリスクが高くなります。スポーツイベントのスタッフ業務においても、熱中症対策が必要となります。夏に熱中症リスクが高くなる要因や、スポーツイベントスタッフ業務で熱中症を防ぐポイントをご紹介します。また、季節の変わり目などで流行しやすいインフルエンザの予防方法についても併せてご説明します。

静岡でイベントスタッフをお考えの方は、ぜひご覧ください。

夏の熱中症発生リスクを上げる要因は?

夏の熱中症発生リスクを上げる要因は?

夏に屋外で働く人は、熱中症のリスクが高くなります。

特に、作業に適していない服を着ている場合、夏ならではの条件(直射日光、高温、蒸し暑い、風がない)に体が慣れていないときには、熱中症のリスクが増加します。

またスポーツなどで身体を動かす場合は、気温がさほど上がらなくても熱中症になりやすいといわれています。さらに体調不良が重なっている場合も、熱中症のリスクは増大します。

夏に初めてスポーツイベントのスタッフをする場合、あるいは広い競技場を走り回る仕事を任された場合、それ以外であっても「夏」はちょっとした油断から熱中症になりやすい季節のため、十分に注意が必要です。

スポーツイベントスタッフの仕事中に熱中症を防ぐポイント

スポーツイベントスタッフの仕事中に熱中症を防ぐポイント

日頃の体調管理

しっかりとした睡眠と、栄養バランスを考えた食事を1日3食とりましょう。特に朝ごはんを食べなかったり、睡眠不足でスタッフ業務に就くのは厳禁です。

水分と塩分の摂取

喉が渇いたと感じたら、すでに水分不足だと認識しましょう。イベントスタッフの水分補給は、少量ずつこまめにとるのがポイントです。また汗をかくと塩分が流れ出してしまうため、塩分の摂取も重要です。熱中症対策の塩タブレットなどを上手に活用しましょう。

屋内の室温にも注意

日差しが届かない屋内でも、熱中症になります。屋外と同じように汗が止まらないような室温であれば、リーダーやスタッフに相談し、温度調節をする必要があります。

着衣の調整

スタッフウェアが支給される場合はそれを着る必要があるため、温度調整がしにくくなります。インナーに吸水速乾性のあるシャツを着たり、日差しが強い場所では帽子を被ったりするなど、熱中症対策をしっかり行いましょう。

休憩をとる

休憩時間は日陰で、できれば風通しがいい場所を選びましょう。

冷却グッズ

凍らせた保冷剤をタオルに包んで首や脇などを冷やすと、身体をクールダウンできます。濡らして使う市販のネッククーラーを活用するのもおすすめです。

インフルエンザを予防するポイント

普段から栄養や休養をしっかりとり、抵抗力を高めておきましょう。また、インフルエンザが流行するシーズンには、外出する際にマスクを着用し、外出から帰って来た際は、手洗いとうがいを行いましょう。可能であれば、流行する前にワクチンの接種を受けて、万全の体制でお仕事に取り組めるようにしておくことがおすすめです。

屋外での作業が多くなるため、熱中症対策が重要です。もし、体調が悪くなったら無理せずリーダーに報告しましょう。静岡に営業所を構える株式会社ウップスプランニングでは、アルバイトの方でも安心して働けるように、ベテランスタッフが丁寧にサポートいたします。静岡以外にも、大阪や名古屋でのスタッフも募集しております。

静岡でスポーツイベントスタッフとして働くなら

会社名
Oops! Planning Co., Ltd.
(株式会社ウップスプランニング)
住所 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山4丁目6-19 金山プログレスビル
TEL 052-323-8010
FAX 052-323-8020
業務内容
  • 各種コンサート・ライブの運営/設営/撤去
  • 各種イベント・キャンペーンの企画/制作/運営
URL http://oops-p.com/

スタッフ応募フォームはこちら

TEL

【ウップスプランニング】
名古屋 / 052-323-8010

静岡・浜松 / 053-488-4180

大阪 / 06-6484-5560

Facebook

PAGETOP
Copyright © Oops! Planning Co., Ltd. All Rights Reserved.